イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~21:00営業中

電車・バス

電車やバスなどの交通手段

せっかくイタリアに滞在しているのだから、色々なところに行きたい!と誰もが思うでしょう。
電車やバスを使いこなせれば、イタリアのどんなところだって行けてしまいます。
ただ、慣れた日本の交通機関と比較してしまったら、不便さを感じてしまうが現実。
嘆いていても始まらない!使いこなせるよう頑張って乗ってみましょう!

電車

イタリア国内の電車はTrenitalia(トレニタリア)という会社が経営をしています。
http://www.trenitalia.com/
このサイトでは、出発する駅と到着する駅や時間帯を入力すると、電車や料金が検索できます。

遠出に出られる方は、Trenitalia以外に、Italoという会社の電車も乗れます。2ヶ月か3ヶ月前からチェックしてWEBでチケットを購入してしまうのがお勧め!とっても料金が安いのです!早割ってヤツですね。

購入方法は簡単。
乗りたい電車を選んで、クレジットカード決済をして、送られてきたメールのバウチャーをプリントアウトしてください。
これがちゃんとチケットの役割を果たしてくれます。慣れてしまえば結構簡単だったりします。

あとは、もちろん電車に乗る直前でも、日本と同じようにチケット売り場でチケットを購入して乗ることもできます。
購入方法は2種類。①窓口に並んで購入 ②券売機で購入
意外とイタリア人は古風なのを好む性格らしく、窓口でだいたい購入しています。機械を信じていない?!
もちろん券売機でも普通に購入できます。しかもカードが使えたり、早かったり、英語を選べたりと便利です。でも、券売機は外国人が不慣れな様子で扱うものだから、だいたい怪しげな人が近づいてきて「手伝おうか?」と親切ぶって近寄ってきたりします。絶対に断ってください。
おつりを「手間賃だ」といって持っていってしまったり、だましてお金を取ったりする悪質なケースが増えています。地下鉄も一緒です。絶対に気をつけてください。

さ、チケットを購入したら、電光掲示板を見て、発車時刻と自分が乗る電車の終点を確認して、自分の電車がどのホームに停まるのか確認しましょう。
出発の5分前に表示されたり、表示されていたホームの番号が直前に変わる、なんてこともありますので、ぎりぎりまで確認しましょう。

自分の電車が確認できたら、絶対にやること….それは「キップを切る」ことです。
実際にキップを切る訳ではなく、時間の刻印をするだけなのですが、このような機械にチケットを差し入れ、ちゃんと時刻が印字されたか確認をしてください。印字がされればOK! 電車に乗ることができます!
印字がないと、電車の中で見回りをする車掌さんに、しっかりと罰金の請求されます。気をつけてください!

※万が一切符を切るのを忘れて乗車してしまった場合は、手書きで構いませんので、ボールペンで乗車した日時と時間を書き込んでください。打刻の点検にくる車掌さんが見回りに来る前までに書き込んでおけばOKです!

バス

タバッキ
▲タバッキ

バスも電車と要領は同じです。
バスのチケットは、「Tabacchi」(タバッキ)と呼ばれるタバコ屋さんで購入できます。
バスのチケットは参考までに、フィレンツェのATAF社のもので(2016年現在)1枚1.2ユーロです。ここれで90分の乗り降りが可能です。また4枚綴りも売っていますし(4.70ユーロ)、定期も売っていますので(売っている場所は都市によって異なります)毎日乗る、安さを重視するのであれば、是非定期などを利用してみてください。
乗り方は電車と同じで、チケットを購入したら、バスの中にある刻印機にチケットを差し込んで、日時を打ち込んでください。これをやらないと、いきなり乗ってくる見回りの人に罰金を徴収されます。絶対にズルなどしないように!

またバスをおりる場所なども、日本のようにアナウンスはありません。もうこれは慣れるしかありません!
一番よいのは、バスの運転手さんの後ろに座り、自分が降りたいところを告げて、着いたら声をかけてもらうようにする方法が間違いないです。イタリア人でもよくこのようなことをしますので、全く恥ずかしいことではありません。堂々と聞きましょう。運転手さんも親切に対応してくれますよ。

Top