イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~21:00営業中

トラブル・危険

トラブルや危険

よくこんな質問を受けます。
「イタリアって危険ですよね?」「イタリアは治安がすごく悪いですよね?」
日本は比較的安全な国と言われています。それに比べたら、イタリアも「治安が悪い」という印象を受けてしまうかもしれませんね。
正直なところ、イタリアは皆さんが思っているほど危険だったり、治安が悪かったりという国ではありません。もちろん大きな都市、ミラノやローマ、ナポリなど、人が多く集まる場所は、色々な犯罪だって起きます。それは東京も一緒。

スリだって多いと言われていますが、スリに遭った人の話を聞くと、やっぱりスリが狙いやすいような行動をしているような気がします。
つまり、気をつけていれば、軽犯罪は未然に防げることの方が多いのです。

とにかく気をつけよう!ということで、必ず気をつけてもらいたいこと注意事項として

1 絶対に大金を持ち歩かない。
2 パスポートももちろんいつも持ち歩く必要なし。コピーで十分。クレジットカードなども1枚で十分です。
3 カバンを持つときは、カバンは絶対に車などが通る方には持たない。
4 カバンのチャックは絶対に閉め、チャックの閉める部分は自分方向になるようにカバンを持つ。
5 暗い道や怪しい道を通る事を避ける(イタリア人でも避けている地域があるので、現地でちゃんと情報収集することをがお勧め)
6 夜に一人で歩かない。
7 知らない人に誘われても、絶対についていかない。
8 観光客のように、きょろきょろとしない。堂々としましょう。
9 カバンや財布から、一瞬たりとも目を離さない。スーツケースも一緒です。
10 鍵をなくしてしまったら、絶対に大家さんか保険会社に連絡して、すぐにでも鍵を代えてもらう。
11 おいしい話にあまり乗らない
12 断るときは、きちんと「No」と伝える。

こんなところでしょうか。
日本人でよく聞く現地で起こった様々な被害というのは、やはり上記項目を満たしていないことで発生しています。

もし、万が一何か危険なことが起こったら、大きな声で助けを求めてください。
助けを求める時は
「Aiuto!」(助けて!)と叫びましょう。恥ずかしがらずに叫ばないとダメですよ!

でもすごく気をつけていても、色々なことも起こります。
日本だってそうですよね。それは仕方がないことと諦めるしかありません。
もし万が一盗難被害などにあったら、速やかに保険会社に連絡をしましょう。そして、気を落とさないように!

予備情報:私が実際に留学をしていた際のお財布の持ち方をちょっぴり紹介。
カバンの中に財布を入れるのですが、カバンのチャック部分と自分の財布のチャック部分をチェーンでつないで持ち歩いていました(笑)
カバンに手を入れられて、万が一取られたとしても、カバンと財布が繋がっているので取れません!
チェーンは東急ハンズやロフトなどで購入できたはずなので、ご興味がある方は是非試してください♪

また、2015年あたりから、主にイタリア大都市で、クレジットカードやキャッシュカードのスキミング被害が相次いでいます。街中で歩いているところを、後ろから特殊な機械をカバンに近づけて、外側からカード情報を読み取る方法です。そのため、特にフィレンツェやミラノに行かれる方は、スキミング防止用のカードケースなどをお持ちになられることもお勧めしております。

Top