イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~18:30営業中

Menu

住まい

暮らし

危機管理

その他

留学相談/申込み

キャンペーン

買い物で使える!イタリア語フレーズ集

買い物で使える!イタリア語フレーズのカバー

現地の方とのコミュニケーションを楽しんで、イタリアの日常生活を存分に味わおう!

イタリアでは入店の際に、挨拶するのがマナーです。
服屋、小売店、お土産屋、レストラン、市場など、大型スーパーを除くほとんどの店では入店時に挨拶をします。
日本のように、無言で店員と顔も合わせずに店に入ってしまうと、イタリア人からしたら奇妙に見えてしまいます。
またお店から出るとき、案内してくれた店員さんに「Grazie!(グラツィエ!/ありがとう)」と言うのも忘れてはいけません。
笑顔で挨拶すると、店員さんも笑顔で返事をして一緒に商品を探してくれます。
簡単な買い物のフレーズを覚えて、会話とショッピング、両方を楽しみましょう!


★関連ページ

買い物全般で使うイタリア語フレーズ

①入店時の挨拶:こんにちは/こんばんは

「Buon giorno (ボンジョルノ)」/「Buonasera (ボナセーラ)」
入店時には必ず挨拶をします。ボンジョルノが朝から日中まで、ボナセーラは日没後に使う表現です。

②やあ/バイバイ

「Ciao!」(チャオ)
親しい相手や顔見知りの店員さんにはこちらを使ってもいいでしょう。
1日中使える挨拶で、「さようなら」の意味でも使えるので便利です。ただし目上の方に使うと失礼になるので注意しましょう。

③ありがとう

「Grazie!」(グラッツィエ)

④さようなら

「Arrivederci 」(アリヴェデールチ)
店をでるときにも店員さんに声をかけましょう。

⑤これをください

「Prendo questo.」(プレンド・クエスト)

⑥いくらですか?

「Quanto costa?」(クアント・コスタ?)

⑦これは何ですか?

「Che cos’è questo?」(ケ・コゼ・クエスト?)

⑧お会計はどこですか?/ 会計お願いします。

「Dov’è la cassa?」(ドヴェ・ラ・カッサ?)
「Il conto, per favore. 」(イル・コント・ペル・ファヴォーレ)

⑨クレジットカードは使えますか?

「Posso pagare con la carta di credito?(ポッソ・パガーレ・コン・ラ・カルタ・ディ・クレーディト?)

⑩免税手続きをしてください

「TAX FREE, per favore. 」(タックス・フリー・ペル・ファヴォーレ)


食材市場・スーパーで使うイタリア語フレーズ

イタリアには食材を量り売りしている食材店が多く、店員さんに自分の意思を伝える必要があります。
店員さんとの会話を楽しみながら美味しい食材を購入しましょう!


★関連ページ

①○○を100gください。

「Vorrei un’etto di ○○.」(ヴォレイ・ウネット・ディ・○○) 

量を表す言葉
  • 50g = mezzo etto(メゾ・エット)
  • 200g =due etti(ドゥエ エッティ)
  • 1kg = Un chilo (ウンキロ)
  • 2kg = due chili(ドゥエキリ)
○○に入る言葉 一例
  • 生ハム = proschiutto(プロシュット)
  • チーズ = formaggi(フォルマッジ)
  • サーモン = sarmone (サルモーネ)
  • 鶏肉 = pollo (ポッロ)

②○○を2ユーロ分ください。

「2 euro di ○○, per favore.」(ドゥエ・エウロ・ディ・○○・ペル・ファヴォーレ)

③一切れ / 二切れください。

「Una fetta, per favore.」(ウナ・フェッタ・ペル・ファヴォーレ)
「Due fette, per favore.」(ドゥエ・フェッティ・ペル・ファヴォーレ)
魚、パン、ケーキ、ピザなどを買うときに使う単位です。

④もっと多く / もっと少なく

「Di piu’」(ディ・ピュー) / 「Di meno」(ディ・メーノ)

⑤ちょっとだけください。

「Un po’, per favore.」(ウン・ポ・ペル・ファヴォーレ)

⑥以上です。

「Basta così.」(バスタ・コズィ)


衣料品店・小物雑貨店使うイタリア語フレーズ

イタリアにはあまり冷やかしの文化はなく、あらかじめ色や形、大きさなどのイメージを持ってから買い物する人が多いです。
そのためお店に入ると、「どんなものをお探しですか?」と店員さんに声をかけられます。
希望を伝えると店員さんは丁寧に探してくれるので、自分のイメージをしっかり伝えてみましょう!
また日本のように商品を勝手に触ったり、試着したりするのはタブーです。
必ず許可をとってから手に取りましょう。

①〇〇はありますか?

「Avete 〇〇?」(アヴェテ・〇〇?)

②他の色(デザイン)はありますか?

「Avete altori colori(modelli)?」(アヴェテ・アルトリ・コローリ(モデッリ)?)

③もう少し大きい(小さい)のはありませんか?

「Avete la taglia più grande(piccolo)? 」(アヴェーテ・ラ・ターリア・ピュ・グランデ(ピッコロ)?)

④試着しても/触っても良いですか?

「Posso provare(toccare)?」(ポッソ・プロバーレ(トッカーレ)?)

⑤見ているだけです。

「Sto solo guardando.」(スト・ソロ・グアルダンド)

⑥ちょっと高いです。

「È un po’ caro.」(エ・ウンポ・カーロ)


最終更新日]2019/09/08

この記事を読んでいる方はこんな記事も読んでいます。