イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~21:00営業中

イタリア留学出発に向けての持ち物リスト

イタリア留学、何を持っていったらわからない・・・
という方、下記ご参考ください!

一つずつ確認して準備してみてくださいね。
もちろん、忘れてもイタリアで買えるものばかりなので、なんとかなりますが。。
荷物は少なくしたいけど、最低限は持っていきましょう!

貴重品
入出国や滞在中、絶対に必要な物。紛失や盗難には要注意!

必要度 ★★★★★

≫≫ 表は右にスクロールできます ≫≫
持ち物 備考

パスポート 紛失時の為のコピーも用意しましょう。
Eチケット 印刷しておきましょう。
海外旅行保険証券 保険証券と付属のハンドブックなど。
緊急時どこに電話すれば良いのか各自確認しておきましょう。
学校の書類 入学許可書など。



クレジットカード 紛失時の連絡先を控えておきましょう。
国際キャッシュカード 日本から送金してもらう際に便利です。※特に長期留学の方。
プリペイドカード 事前にチャージし、現地通貨を引き出しもしくはクレジットカードにて利用可。
チャージした分しか使えないので安心。 (詳細はこちら
国際運転免許書 バカンスや仕事で運転するかもしれない方は日本で事前に準備を。
ユーロ(日本円で10万円程度) 交通費、食費、未払いの方は家賃などで到着数日で現金は結構必要となります。

日用品
忘れてもほとんどの物が現地購入できます。慣れるまでの数日分のみ持ち最小限に抑えて持っていきましょう。

必要度 ★★★☆☆
短期滞在では購入が困難なもの / 初日~数日分は持つことを推奨するもの

≫≫ 表は右にスクロールできます ≫≫
持ち物 備考


胃腸薬、鎮痛剤、風邪薬、酔い止め、目薬、花粉症の薬など。
コンタクト・メガネ コンタクトは滞在日数+予備を持つと安心。
虫よけスプレー・虫刺されクリーム等 夏に滞在する方必須。イタリアの蚊に悩まされる方が多いので。



シャンプー・リンス・石鹸 滞在先に備え付けがない場合も・・・。
最初の数日分は用意すると安心です。
サンプル品や旅行用のミニグッズを活用しましょう。
バスタオル・タオル数枚ずつ
歯ブラシ・歯磨き粉
トイレットペーパー
ウェットティッシュ 除菌用など、日本製のウェットティッシュはとても高性能です。


着替え・下着 数日着まわせる分を持てばOK。シャツや下着は市場で安く購入できます。
ジャケット・コート 防寒用・撥水性のあるジャケットがあると安心。
ワンピース・ドレス・スーツ等 パーティや高級レストランのための正装。最低一着あると便利。
サンダル 内履き用です。



イタリア語辞書 滞在中不可欠です。
携帯電話 SIMフリー、もしくはSIMロック解除をした携帯を推奨。(詳細はこちら
携帯電話充電器 変換プラグがあればそのまま充電できます。
カメラ・デジタルカメラ コンパクトな物を推奨。(盗難防止のため)
コンセント変換プラグ イタリアは基本Cタイプです。
変圧器(必要に応じて) 日本の電圧は100V、イタリアは電圧は220V。出発前に電気製品の確認を。
モバイルバッテリー 携帯やカメラなどの充電切れの際大活躍。
ドライヤー 海外用のドライヤーを家電量販店などで1つ買っておくと便利です。



筆記用具 日本製のものがあると重宝します。
ノート
参考書(日本語版) 語学学校で分からなかった際のお助けアイテムです。
小銭入れ スリや盗難の対策に。屋台やバールなど、
ちょっとした買い物の際にはこちらを利用しましょう。
南京錠・チェーン スーツケースにかけると金庫代わりになります。
雨具 小さな折りたたみ傘があると安心。
食料品 インスタントのお味噌汁など。また到着日の軽食用として。
洗濯洗剤 手洗い用として数回用の洗剤があると便利。

必要度 ★★☆☆☆
荷物に余裕があれば / 意外と役立つものなど

≫≫ 表は右にスクロールできます ≫≫
持ち物 備考
圧縮袋 かさばる荷物を纏めるのに便利。
エコバッグ 最近はビニール袋が有料なお店も多いです。
延長コード コンセントが辺鄙な位置にある滞在先も…1本あると意外と便利。
ガイドブック 旅行用に1冊。アクセスやマナーの確認にも。
日焼け止め イタリアの日焼け止めは肌に合わない方も。
日焼けしたくない女性は必須。
ホッカイロ 日本製のホッカイロは殆ど売っていません。冬に重宝します。
お土産 大家さんへの挨拶時などに。定番の抹茶菓子は特に喜ばれます。
サランラップ 自炊用に。日本製はとても使えると高評価です。
エプロン 料理レッスンがある方は必須。
時計 決して高価なものでなく、失くしてもよい程度のものを。
サングラス 日光の強いイタリアでは必需品です。
水着 イタリアでは温泉も水着着用です。
モバイルWi-Fi 短期の方はあると便利。(詳細はこちら
パソコン 日本で使っている方は持っていきましょう。

以上です。

しっかり事前に準備していきましょう!

それでは
Buon viaggio!!!
(良い旅を!!)

Top