イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2021.01.20 コラム トリュフ塩で食事をリッチに大変身

Buongiorno!
早速ですが、「トリュフ塩」って皆さんご存知ですか?
料理にかけるだけで高級感がUPすると話題のトリュフ調味料。
そもそもトリュフってなんだっけというところからおさらいしつつ、トリュフ塩がどんなものかを見ていきたいと思います。


そもそもトリュフって?

「トリュフ」といえば、世界三大珍味の一つ、高級料理店で使われているイメージですが、料理に香りづけなどのアクセントとして使われる食材です。
そんな高級食材とされるトリュフとは、楢や樫の林に自生するキノコのこと。
日本名は「西洋松露」(せいようしょうろ)、
イタリア語では「Tartufo」といいます。

イタリアやフランスの林の土中に埋まっているものを、豚や犬が探し当てる様子は、見たことのある方も多いのではないでしょうか。
人工栽培するのも難しいということで、「黒いダイヤ」と呼ばれるほど、希少価値の高いキノコです。

トリュフの種類は大きく2つ。産地や味・香りなどの特徴は次の通り。

黒トリュフ

  • 主な産地:フランス、イタリアなど。
  • 収穫時期:旬は秋から冬にかけて。6〜8月に採れるものもある。
  • 食べ方:スープに入れるなど加熱して食べることが多い。サクッとした歯ごたえのある食感が特徴。
  • 香り:新鮮な土の匂いや森の中の匂い

ちなみに、トリュフチョコレートは、「トリュフ入りチョコレート」ではなく、「トリュフに形が似ているチョコレート」だそうです。

確かに見た目はそっくりですね!

白トリュフ

  • 主な産地:イタリア。有名なのは北イタリアのピエモンテ州、「アルバの白トリュフ」。伝統的なお祭りがあるほど。
  • 収穫時期:10〜11月。収穫時期が短く、取れる量も少ないので希少価値はさらにアップ。
  • 食べ方:生で料理されることが多く、食感は黒に比べて少しやわらかめ。
  • 香り:アーモンドの匂い、ニンニクの匂いなど

トリュフは、スライスしたり刻んだりして調理に加えたり、料理の上に振りかけたりして使うことが多いかと思います。
味はあまり感じないそうで、「トリュフは香りを楽しむもの」として本場では扱われているとか。
そうはいっても少しくらい味の違いも知っておきたいと思っていくつかサイトを見たのですが、

・生のマッシュルームのような味
・生のじゃがいもをスライスした味
・しいたけの後味に似ている

と、美味しいのかな?と思ってしまいましたが、人によって感じ方は違うので、ご参考までに…。
日本のマツタケも同じようなものですね。

トリュフにも安く手に入るものから最高級品までありますが、相場はこんな感じ。

黒トリュフ100g…30,000円前後
白トリュフ100g… 50,000円前後

うーん。やっぱりなかなか自分で使うにはハードルが高いですね。


魔法の調味料「トリュフ塩」

そんな高級食材トリュフですが、自宅で使うなら、「トリュフ塩」!

これは、トリュフをフリーズドライするなどして、海塩と合わせた調味料です。
価格も1,500円ほどで買えるものが多いので、手軽にお家でトリュフの風味を楽しめます。

トリュフ塩にも白と黒があり、白の方がやはり希少です。ただ、塩の場合は価格の差もそこまでないので、黒と白の食べ比べをすることもできそうですね。

トリュフの種類、塩の種類によって、「トリュフ塩」自体の種類もいくつかあるようなので、お気に入りを探してみるのもいいかもしれません。

「トリュフ塩」おススメの使い方

普段使っている塩の代わりとして使ったり、料理の上からかけるだけで高級感を持たせることのできる魔法のようなアイテム。

カルボナーラなどのパスタ、リゾット、ポテトサラダなどに振りかけるだけで、トリュフの風味を楽しめます。
他にも、卵との相性がいいそうなのでオムレツにもおすすめ。

要は「いつものお塩の代わり」ということで、おにぎりやゆで卵、枝豆、冷奴に使ってみる、というのも面白いな~と思いました。

今回のご紹介は「トリュフ塩」でしたが、なんと、塩だけでなく、「トリュフオイル」に「トリュフビネガー」、「トリュフ醤油」、「トリュフソース」、「トリュフマヨネーズ」などなど、トリュフ調味料にもこんなに種類があるそうです。

いつもの料理にちょこっと足して、リッチな気分を味わってみるのはいかがでしょうか。


おまけ♪

スタッフの1人が白トリュフオイル過激派で、以下のように楽しんでるそうです。ご参考までに!(笑)

  • チーズ卵焼きに白トリュフオイルをひと垂らし
  • ポテトフライにブラックペッパー、バジル、白トリュフオイル、白トリュフ塩ひとつまみ

※トリュフ塩やオイルは両方カルディで手に入ります。上記2つ、本当にびっっっっっくりするくらい高級感増しますので、ぜひお試しください~!


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ


アドマーニのイタリア語レッスン

PR