イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 採用情報 コラム&ブログ アクセス お問合せ サイトマップ オンラインショップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2024.06.24 コラム リコッタクリーム

皆様こんにちは!Buongiorno a tutti!

イタリアのドルチェ(甘いもの、デザート)といえば、何を思い浮かべますか?
ティラミス、ジェラート、クレーマカタラーナ、アフォガート…素敵なお菓子がたくさんですが、皆様、リコッタクリームはご存知でしょうか?

その名の通り、リコッタチーズを使用した甘くて濃厚なクリームで、代表的なものだと↑のカンノーロが有名でしょう!(中に詰められている白いものがリコッタクリーム)

私はリコッタクリームが大好物なのですが、私とリコッタクリームとの出会いは2015年に遡ります…。

当時私は、とあるオペラスタディ(オペラを勉強し、本番で実際に歌わせてもらえるマスタークラス)に参加するべくシチリアに滞在しておりました。
参加費に提携バールでの朝食が含まれていたので、早速初日からそのバールに向かい、意気揚々とイタリア式朝ごはんに臨みました!
※イタリア式朝ごはん:ブリオッシュ(菓子パン)とカプチーノやエスプレッソ、オレンジ生搾りジュース等の飲み物

ブリオッシュの中身はカスタードクリームやチョコ、ジャムと色々なので、そのバールには何のブリオッシュがあるか尋ねたところ、一つ一つ説明してくれた中にリコッタが!
イタリアではミラノにしか滞在したことがなかった私にとっては、初めての事だったので、『中にリコッタチーズが入っているの?』と尋ねると、『リコッタで作ったクリームが入っているよ』とのこと。
元々チーズクリーム好きだった私は即決し、初めの一口を食べた瞬間から、リコッタクリームの大ファンとなったのでした…。

ミラノに戻った後も、リコッタクリームへの想いが尽きることはなかったのですが、ミラノでリコッタクリームというと、簡単に見つかるのはカンノーロがほとんどです。実はあのコーン生地のようなものが好きではない私は、ミラノでシチリア人経営のバールやお菓子屋さんを探しては通っておりました。

私はパンに挟まったリコッタクリームを味わいたいのです。

そんなわけで私がミラノで通っていたバールがこちら。

Amor Di Sicilia

https://maps.app.goo.gl/VCdkZDeWCzgGDDZb6

この手前の巻きドーナツ、中にはぎっしりとリコッタクリームが詰まっています。
見ての通り揚げドーナツ。砂糖もたっぷりとまぶしてあります。
なんというカロリー。なんという罪。分かります。
ですがそれをすっかり忘れさせてしまう喜びがそこにはあります。

つづいてはこちら

Ammu Cannoli Espressi Siciliani

https://maps.app.goo.gl/hTR2jgKD3GrYUhVt6

こちらはブリオッシュシチリアーナにたっぷりとリコッタクリームを挟んで頂いたものです。
ブリオッシュシチリアーナというのはイタリアでは有名な通常のブリオッシュとは形や作り方の違うシチリアのブリオッシュですが、ここにはジェラートを挟むのが通常の食べ方です。
『リコッタクリームを挟んでくれ。』とお願いしたところ、『リコッタだけ?』と聞かれ、『そうです。』とお願いしたらかなり怪訝な顔をされましたが、痛くも痒くもありません。そんな魔力がリコッタクリームにはあります。


イタリアの良いところって、イレギュラーな事でもお願いすればやってくれることがとても多いことだと思います。
その為には、ちゃんと伝えられる語学力が必要
語学力をつけるには現地に赴き、イタリア語で生活しなければならない強制力の中で、語学学校にも通うのが一番です!!!(ただ生活するだけでは、何年も住んでいても、意外と話す機会は少なく、上達するのは難しいものです。)

どの語学学校に行ったら良いかわからない、イタリア留学に興味が出てきた、そんな時は是非!アドマーニまでご相談ください!
ご連絡お待ちしています!

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


アドマーニスタッフと一緒に行く!絶品イタリアンを楽しむ旅 ~日帰り茅ヶ崎チーズ工房見学編~

オンライン留学セミナー~Istituto Secoli学校説明会〜  パターンメイキングとプロトタイプ

1週間のイタリア留学を無料プレゼント!応募ページ 【イタリア好き×a domani】

名古屋カフェセミナー

【IIACセミナー入門編Vol.3】Caffe Marketing Seminar ~マーケティングの主語はロマン~

アーモイタリアサポート

WSAイタリアワインソムリエコース


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

日本で契約できる海外SIM

PR