イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2021.04.02 コラム イタリアは日本食&お寿司ブーム!

Ciao!
本日、日本各地で桜が満開を迎え、すっかり春の陽気となりました。
やっと緊急事態宣言も解除されましたが、こんなご時世なのでなかなかお花見はしづらいですが…
健康に気をつけながら、少しずつ外食へ出掛けるなど、気分転換してお過ごしください!
そんな今日は、イタリアでの外食ネタについてお話しします。

グルメなイタリア人は、日本食が大好き!
ここ数年で、そのブームは加熱中。街には日本食のお店や”SUSHI”レストランが、溢れています。
私がイタリアで味わったSUSHIコレクション。写真で公開しまーす!

まず、多くのイタリア人にとってSUSHIと聞いてイメージするのは、この形。

太巻き…というか、カリフォルニア・ロールですね。
“URAMAKI(裏巻き)”とメニューには書かれていますが、イタリア人はこのタイプのものを”SUSHI”と呼んでいます。

海苔は、その黒い色が「なんかグロテスクで …」と、苦手意識を持つ人が多いです。

そのURAMAKIを、揚げちゃえ〜とされたのが、こちら。

なんだったっけなー? “Spicy dragon(スパイシー・ドラゴン)”なんて名前だったかなー。
マグロに辛子マヨネーズがかかっています。フライ系のお寿司は、大人気。

上に何かをトッピングするのも、定番。

これはアーモンドチップがかかっていますね。
しかもお米は、五穀米?”Black Rice(ブラック・ライス)”と言われています。

左の下から2番目、この赤のビーズのようなものは、なんとザクロ
クリームチーズの上に、一粒ずつ丁寧に並べられています。

他には、オニオンチップがかかっていたり、ココナッツパウダーがかかっているものもあったり。
さすが、おしゃれの国・イタリア。見た目にこだわります〜。

私たち日本人が、寿司と聞いてイメージする握り寿司は、イタリアでも”NIGIRI”と呼ばれます。

イタリアで食べることが出来る握りの種類は、そう多くなく。
サーモン、マグロ、ブリ、エビなどがほとんどです。

右上のものは、シャコ。
アブルッツォ州の名産なので、珍しく見つけられたときには感動!
新鮮なものがいただけて、幸せ〜♡でした!

イタリアでお寿司を食べられるところは、大きく分けて2つのタイプ。
1つ目が、日本人がオーナーシェフだったり、 経営に関わっている本格的な日本食レストラン。
お寿司以外にも、日本の家庭料理が味わえます。
ローマで行ったことがあるのは、”OTOSAN”というお店。
https://otosanroma.it/
私のクラスメイトも、シェフとして働いていました。

2つ目が、中国・韓国系の方が経営する、All you can eat、すなわち食べ放題のお店。
お寿司がメインで、ランチだと€16〜19、ディナーだと€25ほどで、好きなものを好きなだけ注文できます。
お味噌汁と餃子など、ちょっとした一品料理も頼めますよ。
最近イタリアで店舗をどんどん増やしているのは、”SUSHI KAITEN”というチェーン店。タッチパネルで注文します。

https://www.sushikaiten.it/

長い留学生活。私は度々イタリア版の”SUSHI”にお世話になり、ホームシックを乗り切りました。
異国の地で日本食を味わってみるのも、その国の人たちがどんな風に「日本」のことを見ているかを感じられて、面白い経験になりますよ。

いかがでしたか?
イタリアに留学した時は、皆さんもぜひ、日本食を楽しんでみてくださいね!

留学経験者が揃う私たちアドマーニスタッフは、現地のお勧めの日本食レストランの情報もたくさん持っています。
学校情報と合わせてご紹介できますので、いつでもお気軽にアドマーニにお問い合わせくださいね。

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ


アドマーニのイタリア語レッスン

PR