イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2020.08.10 コラム 世界遺産の街 シエナ

Buongiorno!!(こんにちは!)
今回は私が長期滞在していた大好きな街、シエナをご紹介します。


シエナは美しい中世の佇まいが残っており、1995年にはシエナの街全体が世界遺産に登録されました。
特に市内の中心にあるカンポ広場世界で最も美しい広場と言われており、観光客や地元の人々で常に賑わっています。
新型コロナウィルスが蔓延していた今年は閑散としておりましたが・・・。涙

この広場ではパリオを見てみたいという方は何か月も前からホテルを予約し、当日は朝8時にはカンポ広場で場所とりをしましょう♪

シエナに住んでいた私でも、朝9時に広場へ行き、炎天下の中ずーっとみんなでおしゃべりしながら時間をつぶして場所取りをしたことを覚えています。
(とっても暑いので帽子サングラス・日傘・うちわ・2リットルのお水必須です。)


シエナの見どころ

街の中にはシエナ大学や私の母校であるシエナ外国人大学、外国人の為の語学学校が数多くあり、昔から学問の町としても栄えてきました。
美術の歴史を辿る上でも重要な場所で、14世紀に開花したシエナ派の芸術作品や建築物を街の随所で見ることが出来ます。

また、街の郊外にはキャンティワインに使われる葡萄畑が広がり、トスカーナの雄大な自然を感じられるロケーションです。
個人的に一番好きな場所は、ずばり「オルチャ渓谷」★

世界遺産でもあるオルチャ渓谷は、広大なオリーブ畑やブドウ畑、丘の上にぽつんと建つ家、そして連なる糸杉。まさにトスカーナの田園風景を感じることが出来る場所です。
夕暮れで赤く染まる渓谷は特に美しく、まるで絵画の世界に飛び込んだようです!
感動・・・( *´艸`)


実はシエナの人々ってこんな感じ

シエナは有名な観光地でありながらも治安が良く住民も優しいので、「Qualità della vita(住み心地ランキング)」で毎年上位にランクインしています。

では外国人である私達日本人にとって、果たして住みやすい街なのでしょうか?

答えは残念なら”NO”かもしれません。。

シエナの人々は外国人に対してとてもchiuso(心を閉ざす)と言われております。
それは歴史的背景もあるようですが、快く迎えてもらえるまではちょっと時間がかかってしまうかもしれませんね。


ご参考までに私のシエナでの過ごし方をご紹介。
私も最初は日本人や外国人の友達とばかり一緒にいました。
日本人会のような、最近流行りの言葉でいう“オンラインサロン”も存在します。
(一度も参加しておりませんが💦)

日々、生活する上では決して不便はないのですが・・・シエナの方と友達になろうとすると、ちょっと根気が必要。

私は毎日通学路にあるリストランテのcameriereがいつもお店の前でサッカーボールを使って遊んでいたのですが、毎日通るのでさすがに覚えてくれて。
で、「こんにちは。」って日本語であいさつしてくれたんです!!♡
まぁ感動しましたね。日本語なんて全く耳にしなかったので。
そこから色々と話す中になり、そのリストランテのオーナーさん家族とも仲良くなり、最終的には毎日のようにシエナ人達と時間を共にしていました。
今でも家族のように迎えてくれます。

一度、心を許してくれたらもう家族。
そこがシエナ人の良いところです。


シエナに行ったらこれは食べてほしい!

①PICI(ピチ)

ピチとはパスタの種類の一種で、うどんのように少し太めのパスタであり、シエナ発祥パスタです。
ピチは色々な味でお楽しみ頂けるのですが、王道のトマトソースとの相性抜群です。
リコッタチーズとバジリコでベーシックにいただくのも◎。

ピチが食べられる私のお勧めのレストランはこちら↓↓
『La Taverna di San Giuseppe』


②Cantucci(カントゥッチ)

シエナ発祥のアーモンドが入った、固いビスコッティのお菓子です。少々固く食べ難い方もいらっしゃるかもしれませんので、ビンサントというデザートワインに浸して食べるとgoodです。

カントゥッチが買えるお勧めのお土産屋さんはこちら↓↓
『Nannini』


シエナにはたくさんの良い学校があります♪
ぜひ色々見て頂き、シエナへ留学したい!と思ったらアドマーニにご相談くださいね。

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

アドマーニのイタリア語レッスン

PR