イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 採用情報 コラム&ブログ アクセス お問合せ サイトマップ オンラインショップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2023.08.25 コラム 夕方?それとも夜?

皆さんこんにちは!Buongiorno a tutti!

今日はアドマーニスタッフがイタリア滞在中に出会った、思ってもみなかった文化の違いを一つご紹介させて頂きます。


イタリアに少し慣れてきたころ、私は通っていた語学学校で参加する授業の時間帯を変更するため、職員の方に相談していました。
それまでは午前の授業に通っていましたが、19時~22時などの夜間コースがないかと聞くために“夜の・夜間の”を意味する“notturno”という単語を使用して質問しました。

“Avete qualche corso notturno?”(何か夜間のコースはありますか?)

すると職員の方はきょとんとして、何か私がおかしなことでも言ったかのよう。言いたいことを伝えようと、例えば19時から始まる授業とか…と話したところ

“Ah volevi dire i corsi di sera!!”(ああ、夕方のコースの事を言いたかったんだね!)

とすっきりした様子。どういうことかと尋ねてみると、イタリア語では夜間というと日本語で言うところの深夜というような印象を受けるようです。なので夜間コース“corso notturno”だと夜11時~0時以降に始まる授業というイメージになるそうです。これはきょとんとして当然ですね(笑)

イタリアは夏だと20時でもまだ明るいので、その辺りの感覚から“夕方”という時間帯が日本人の思うそれよりかなり長いのかもしれません!

この“夕方”と“夜”の表現の違いは至る所に現れています。例えば、19時から始まるホームパーティに参加したとします。一緒に参加した友人と「昨日の“夜”は楽しかったね~」なんて私たちは話しますが、ここでもイタリア語で“ieri notte(昨日の夜)”ということはまずありません。”ieri sera(昨日の夕方)“というのが正しい表現なんです。

そういわれてみると、挨拶一つとっても日本語だと夕方以降は“こんばんは”で“晩”という夜をイメージさせる言葉が入っているのに対し、イタリア語では“Buonasera(こんばんは)”で単語の後半に”sera”という夕方を意味する単語が入っていますね。“sera”の部分を変えてを意味する”notte”にすると“Buonanotte”となり、これは”おやすみ“の意味になるので夜寝る時間帯まではずっと夕方ということなのでしょう。

たった一つの表現から文化や言語の違いが出てきて、その違いがそれぞれの文化・言語の中で一貫性を持っている。“大変興味深いなぁ”としみじみ感じた日でございました。

イタリア留学を通して、あなただけの異文化発見をしてみませんか?
イタリア留学に関するご相談はアドマーニへ!ご連絡お待ちしています!

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


アドマーニスタッフと一緒に行く!絶品イタリアンを楽しむ旅 ~日帰り茅ヶ崎チーズ工房見学編~

オンライン留学セミナー~Istituto Secoli学校説明会〜  パターンメイキングとプロトタイプ

1週間のイタリア留学を無料プレゼント!応募ページ 【イタリア好き×a domani】

名古屋カフェセミナー

【IIACセミナー入門編Vol.3】Caffe Marketing Seminar ~マーケティングの主語はロマン~

アーモイタリアサポート

WSAイタリアワインソムリエコース


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

日本で契約できる海外SIM

PR