イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 採用情報 コラム&ブログ アクセス お問合せ サイトマップ オンラインショップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2023.05.06 コラム&ブログ ボローニャ留学奮闘記!

Ciao!
皆さんこんにちは!

現在ボローニャにご留学中のお客様から、近況報告のご連絡をいただきました。

学校や学生寮の様子、ボローニャの街の様子など細かく教えてくださり、
留学先での友人関係に関してや、現地での生活についてなど、
これから留学をお考えの方にも、大変参考になるかと思いますので、皆さまにもご紹介させていただきます。

もうすぐボローニャにきて1ヶ月が経とうとしていますので、少し近況報告を、と思いご連絡いたしました。
だんだんと良い面悪い面見えてきたので、少し長くなりますがご報告させてください。

学生寮に移ってからさらに友人が沢山でき、生活面も見られているからこそ、さらにちゃんとしようと心がけている毎日です。(笑)
積極的に共用スペースを掃除したり、共用のタオルを洗濯したり、ゴミ出しに行ったり、トイレットペーパーの補充をしたり。
些細なことですが、「いつもやってくれてるよね」などと言ってもらえるようになり、やっぱり細かいところも見られているんだなと痛感します。
しかし、そういった些細なことの積み重ねで、友人が手作りの夕食を振舞ってくれたり、ご飯に誘ってもらえたりしているのかなとも感じました。(実際、言語が一緒の子達でも誘われていない子もいたりして、なぜ英語もそれほど上手くない私を部屋をノックしてまで誘うんだろう、と疑問に思ったりもしていたので…。)

上記の通り、本当に良い環境で毎日を送ることができています。
学生寮のロケーションも私の住んでいる所は良く、学校まで5分くらいで着きます。
(いくつか学生寮があり、FLODO HOUSEとBILBO HOUSEは学校から近いのですが、その他はロケーションが遠かったり、家賃が高かったりするみたいです。)

ただ、1ヶ月住んでわかってきたことは、ボローニャはそれほど物価が安くないです。
街がかなり小さいので、近くの大きいスーパーは駅前になってしまい、駅前=観光客も出入りする ので、そんなに安くはありません。
家の近くにPam Localが2店舗あるのですが、どちらもすごく安い、というわけではないです。
本日、日本人の生徒さんに聞いたところ(もう3ヶ月目で色々と詳しいです)、バスに乗って日本で言うイオンのような郊外店に行かないと安くない、とおっしゃっていました。

また、最近は自分の意思を持って動かなきゃいけないなと痛感するようになりました。
普段、母体数的に多いスイス人の子達と行動を共にしているのですが、彼女たちは仕事の休みを取って3ヶ月間、などといった短い期間の滞在です。
なので、このために必死にお金を貯めて留学(と言うよりもバカンスに近い状態)をしているので、とにかく沢山お金を使いますし、毎日外食をしています。
また友人に聞いたところ、スイスに比べてイタリアはとても物価が安いと言う理由もあるみたいです。
日本人からすると、外食は基本的にどれも高いです。
物価が安くないと上記に記載しましたが、外食は本当に驚くほど高いです。(笑)
最初は日本人の友人もおらず、断ってしまったら友達ができなくなるんじゃないかと不安に思う気持ちから、なかなか断れずに着いて行っていました。
しかし、最近になってやっと断れるようになり、軽食を持って行ったり、一旦帰宅して作ったりするようになりました。
しかし、断るようになって見えてきた面もありました。
私は“みんなが“いつも外食をしているのかと勘違いしていましたが、やはり同じ寮内にも何人か同じ考えの子達がいて(主にオランダ人とオーストラリア人の子です)最近はそれぞれでご飯を作って、その子たちと一緒に談笑しながら食べています!
日本人が少ない分、他の子達と同じように行動してしまいがちになったり、その子たちと行動しないと学校で孤立するのでは?と言う可能性を考えてしまうことは、すごく自分にとって難しく、ここ1〜2週間かなり悩ましいものでした。(笑)
また、自分は英語を少しだけ話せるので意思表示ができるのですが、英語がわからない、意思表示ができない状態ですと、学校でも寮でも少し孤独を感じていたかもしれないなと思いました。
授業は基本イタリア語で、先生たちも生徒が理解できてないな、と思うことは少しだけ英語を挟んで説明したりするので…。
寮内での会話や友人同士の会話は、みんな基本的に英語を使っています。

3年待ってやっと行くことができた留学、
このように1ヶ月を振り返ってみれば色々と思うことはありますが、語学だけでなく友人関係やその他にも本当に刺激が多く楽しい毎日です。
近くのPamの店員さんに上手く言葉が伝わらず、“Mi dispiace.“と伝えたところから話が広がり、
「私の旦那の職場に日本人がいるのよー!」と教えてもらいました。
買い物に行くととても親切に接してくださいます。
周りの人にすごく恵まれて、本当に充実した日々を送っています。
自己満足の報告ですが、何か自分の思ったことが少しでも留学を考えている方の参考になれば嬉しく思います。
また、定期的に報告させてください。

P.S.
今日、日本人の方と初めてボローニャの塔に登りました。
足場が非常に悪く、登る時は非常に疲れ、降りる時は神経を使う、というスーパーハードな体験でした。(笑)
天気も良く、とても良い景色だったのでお送りいたします。
階段の写真も合わせてお送りいたします。(笑)


詳しくお話くださり、ありがとうございます。
生活環境は問題なさそうで安心致しました。
留学生活の中で、良い人間関係も築けていらっしゃって素晴らしいです。
これからもご友人関係を大切にしながらも、「自分の意思を持って」自分が「こうしたい」と思ったものを自信を持って選択していってくださいね!応援しています!

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


5/24㈮ イタリア(語)でアペリティーヴォ・Aperitivo in Italia(no)!

1週間のイタリア留学を無料プレゼント!応募ページ 【イタリア好き×a domani】

アーモイタリアサポート

WSAイタリアワインソムリエコース


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

日本で契約できる海外SIM

PR