イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 コラム&ブログ アクセス お問合せ サイトマップ オンラインショップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2022.05.02 NEWS コラム 【5/2更新】新型コロナウィルス最新情報

2022年5月1日より新たに有効となる、イタリアの保健省命令の内容についてお知らせします。
日本ご帰国の際の注意事項と合わせてご参照ください。

イタリア入国について

4月28日、入国措置に係る新たな保健省命令が署名されました。同命令をもって、5月1日以降、あらゆる外国からのイタリア入国に際しては、従来必要とされていたEU digital Passenger Locator Form (dPLF)の提示は不要となります。
一方、COVID-19グリーン証明書(ワクチン接種証明、治癒証明、陰性証明のいずれか一つ)又は同等の証明書*を提示することは引き続き必要となっています。

以上の命令は5月31日まで有効です。

(注)*同等の証明書
・欧州医薬品庁(EMA)が認可したワクチンの初回接種サイクル完了(2回接種が必要なワクチンは2回接種が完了)を証明するもので、接種完了から9か月以内のもの。
・上記接種に加え、EMAが認可したワクチンでブースター接種を受けたことを証明するもの(現在のところ無期限)。
・6か月以内に発行された新型コロナウイルス感染からの治癒証明。
・イタリア入国前72時間以内に実施したPCR検査の陰性結果証明又はイタリア入国前48時間以内に実施した抗原検査の陰性結果証明。

※日本から直接入国する場合も、有効なワクチン接種証明があれば、それに加えてPCR検査や抗原検査の陰性結果を提示することは不要です。

※イタリア渡航時に提示が必要なワクチン接種証明書の有効期限は初回接種サイクル完了から9か月以内のものですが、イタリア国内での各種活動に際して提示が必要なワクチン接種証明書は初回接種サイクル完了から6か月以内となっているため、イタリア国内での滞在を予定されている方は、初回接種サイクル完了から6か月以内のワクチン接種証明書、またはブースター接種完了を証明するものを持って渡航することを推奨します。

イタリア国内でのマスク着用義務について

4月30日、新たな保健省命令(※)が官報に掲載され、マスク着用義務が延長されました。本命令は5月1日から最長6月15日まで有効です。

1 5月1日以降、以下のケースではFFP2マスク着用が義務付けられる。
ア 以下の交通機関の利用
・旅客輸送の商用航空機
・州間の船舶、フェリー
・州間の鉄道(インテルシティー、夜行インテルシティー、高速鉄道)
・複数の州を結ぶ行程を継続的又は定期的に運航する旅客輸送バス
・運転手付きのレンタルバス
・地域又は州の公共交通機関
・小学校、中学校、高校の生徒専用の交通機関
イ 劇場、コンサートホール、映画館、娯楽施設、ライブホールや同様の場所の屋内で一般公開される催し。屋内のスポーツイベント・競技。

2 医療施設、介護施設、ホスピス等の従事者、利用者、訪問者にはマスク着用が義務付けられる。また、公共または一般に開かれた屋内の全ての場所でマスク着用が推奨される。

3 以下の者はマスク着用の義務はない。
・6歳未満の子供
・マスクの着用に適さない疾患や障害を持つ者。また、障害者と意思疎通をする上でマスクの着用が不適当な者。
・スポーツ活動中の者

※参考:4月28日保健省命令
https://www.gazzettaufficiale.it/eli/id/2022/04/30/22A02726/sg


(問い合わせ先)
○在イタリア日本国大使館
電話:06-487991(領事部)
ホームページ:https://www.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
○外務省領事サービスセンター
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)4475


日本帰国・渡航に際しての注意事項

3月3日以降イタリアからの帰国・入国者には次の措置が適用されています。

●指定国・地域以外の国・地域(イタリアはこれに該当)からの帰国・入国
・ブースター未接種の場合
自宅等待機を求めますが、入国後3日目以降に自主検査を受け、陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出て確認が完了した場合は、その後の自宅等待機の継続は求めない。

・ブースター接種済みの場合
入国後の自宅等待機を求めない。有効なワクチン接種証明書の提示が必要。

(厚生労働省HP)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00342.html

 

乗り継ぎを含め、イタリア・日本への入国前に他の国に立ち寄る場合には、別途、乗り継ぎ地の上陸要件を満たす必要がありますので、必ず事前に、乗り継ぎ地の日本国大使館等のホームページに掲載されている新型コロナウイルス関係情報や利用航空会社等の情報もご確認ください。

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

日本で契約できる海外SIM

アドマーニのイタリア語レッスン

PR