イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 採用情報 コラム&ブログ アクセス お問合せ サイトマップ オンラインショップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2023.09.27 コラム イタリアのレストランでチップを払う人ってどれくらい?

皆様こんにちは!Buongiorno a tutti!

当サイトのイタリアのマナーに関するページで、イタリアでのチップについて触れていますが、、、


今回は、イタリアのレストランで働いておりました私の経験談からもう少し掘り下げたイタリアのチップ事情をご紹介させて頂きます!


まず上記ページでご紹介した通り、イタリアのレストランではサービス料金としての金額が最初から会計に含まれています。レシートに書かれている“Coperto”(コペルト)という項目で、大体一人につき1~3ユーロ程度です。(高級店などで5€以上取る店もあります)

これがいわゆるチップのようなものなので、イタリアのレストランで食事をした際にチップを払う必要はありません。

私はイタリアにあるレストランでホールスタッフとしてフルタイムで働いていましたが、チップを払ってくださるお客様というのは体感で10~20%くらいの方だったかと思います。この数字からも分かるようにチップを払わなくても本当に全く問題はありません。

払ってくださる場合の金額は大体5~10€で、たまに20€、ごくまれにそれ以上をくださる方がいる印象でした。
ちなみに私は最大で50€札をチップとして受け取った事があります。私が働いていたレストランには“チップは全額を店に入れた後、レストランの全スタッフで山分け”という決まりがあったので、その50€が私の懐に入ることはありませんでしたが…。(笑)

ちなみに私が話に聞いた中でのチップの最大金額は、とあるレストランの女性スタッフを大変気に入った方が彼女に渡した4,000€という高額なのですが、そのレストランは私が働いていたレストランと同じ決まりがあったそうです。店のオーナーは決まり通り全額を店に入れるように要求しましたが、彼女はそれを拒否しそのまま店を辞めたそうです。(笑)


さてここまでお話した内容はイタリアで昼食や夕食をする場合になります。朝食はどうなるでしょうか?

イタリアで朝食というとバールでカプチーノやエスプレッソと共にクロワッサンやコルネットなどの菓子パンや生搾りオレンジジュースなどが定番です。
この様な朝食時の会計に、昼食時や夕食時のようなサービス料金が含まれていることはまずありません。ですが、チップの必要もありません。
昼食や夕食のようにちゃんとした食事やサービスを提供するわけではないのでそもそもサービス料が発生しないという理解なのでしょう。

私の働いていたレストランはバールとしての朝食も行っているレストランでしたが、朝食時にチップを頂いたことは一度もありません。安心してイタリア式の朝食をお楽しみください!
(テーブルに着席すると朝食でもサービス料を取る高級店もないわけではないので、観光地では先に確認するなどご注意ください!)

朝食に関しても一つ余談があります。
ある日本人男性がイタリアに住む彼女に会うために滞在した時の事。彼はイタリアのチップのルールなどよく知らなかったらしいのですが、毎朝同じバールで朝食を取られていたそうです。注文するものも毎日同じで、カプチーノとチョコクリームの入ったクロワッサンを頼んでいました。会計はおそらく10€にも満たなかったであろうと思いますが、彼は毎朝50€札で支払い、おつりは受け取っていなかったそうです。数日後から彼がそのバールに入ると、何も言わずともすぐさまいつも注文しているものを店が出してくれるようになったそうです。店にとって彼がどれほどの上客だったのか、うかがい知れると思います…。(笑)

いかがでしたか?
イタリアで食事をする際にチップについて気にしておかなければならない事はほとんどありません。
ですがレストランで店員さんに特別の感謝を伝えたい時はこっそり本人にチップを渡すのもいいかもしれませんね!


イタリア留学をお考えの方はぜひアドマーニへお問い合わせください!あなたのご連絡お待ちしております!

資料請求・お問合せ資料請求・お問合せ


アドマーニスタッフと一緒に行く!絶品イタリアンを楽しむ旅 ~日帰り茅ヶ崎チーズ工房見学編~

オンライン留学セミナー~Istituto Secoli学校説明会〜  パターンメイキングとプロトタイプ

1週間のイタリア留学を無料プレゼント!応募ページ 【イタリア好き×a domani】

名古屋カフェセミナー

【IIACセミナー入門編Vol.3】Caffe Marketing Seminar ~マーケティングの主語はロマン~

アーモイタリアサポート

WSAイタリアワインソムリエコース


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

日本で契約できる海外SIM

PR