イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2020.04.06 NEWS コラム 【4/6更新】ロンバルディア州の制限措置の追加、イタリア外務省のFAQsの更新

イタリア政府は5日、新型コロナウイルス感染症により亡くなった方が525人増え、1万5887人に達したと発表しました。これは1日あたりの死者数としては3月19日以降で最少の数となり、イタリア国立衛生研究所の所長は「流行曲線は横ばい状態になり、下がり始めている」と述べています。
ただ、この状況から国民が制限に対して緩みを感じだしている部分もあり、内務省によると3日までの2日間で約1万5千件の違反者が検挙されています。この状況を重く見た警察当局は、全土で取り締まりの強化をしています。


制限措置に関するロンバルディア州HP記載内容

ロンバルディア州知事は、3月21日、22日及び23日付州知事令で導入された制限措置を13日まで延長しました。

新しい州知事令により、複数の新たな措置が導入されました。特に、

○自宅から外出する者に対して、マスク又はスカーフ、マフラーで鼻と口を覆うことより、自己と他者を保護することを義務付ける。
○営業中の商店に対して、使い捨て手袋と手消毒アルコール液を顧客に提供することを義務付ける。
○食料品又は生活必需品を販売する商店内において、文房具類を購入することを可能にする。
○宅配限定により花・植物を販売することを可能にする。

規定内容を遵守しない場合、緊急政令第19・2020号第4条に基づく罰則が適用されます。

≪参考≫4月1日付ロンバルディア州HP記載内容の抄訳

ロンバルディア州知事は、3月21日付知事令及び同知事令を補完する22日、23日付知事令に基づき、更なる厳格な制限措置を規定しました。

(中略)
以下が、主要な措置となります。なお、これらの措置は、伊全土に有効な規定により補完されています。

・公共の場所での2人を上回る人数の集会の禁止。いずれにせよ、1メートル以上の対人距離を確保する。
・販売業の停止。食料品及び必要性が最も高い消費物資販売業を除く。(中略)
・屋外における市場の停止。
・接客業(例:理髪師、美容師、エステティシャン)の停止。
・非常事態もしくは必要不可欠な生産に関連しない手工業活動の停止。
・専門職事業活動の停止。延期不可で緊急のサービスもしくは期限が定められたサービスに関するものを除く。
・全ての受入施設(ホテル、B&B等)の閉鎖。ただし、非常事態対応に関わる施設を除く。既に宿泊している客は、22日付知事令の発効から72時間以内に施設を退去しなければならない。(中略)
・建設工事の停止。道路、高速道路、鉄道、医療、病院、非常事態用施設の工事を除く。
・飲料及び包装食品を販売する、「h24」と呼ばれる自動販売機の閉鎖。
・屋外におけるスポーツ及び運動の禁止。自宅付近で行う場合を除き、一人で行う場合を含む。
・犬を連れて外出する場合、自宅より200メートル内にとどまることを義務付け。
・公園、ヴィッラ(邸宅を中心とした庭園公園)、遊技場、公共庭園の閉鎖。
(以下略)

出典:ロンバルディア州HP該当ページ(州知事令原文を含む)(イタリア語)


イタリア外務省のFAQsの更新

イタリア外務省は、4月1日首相令を受けて、海外から帰国するイタリア人及びイタリアに滞在/居住する外国人のためのFAQsを更新しました。イタリア語版・英語版FAQsのURLは下記の通りですので、ご参照下さい。当該外務省ホームページから必要な自己宣誓書フォームがダウンロードできるようになっています。なお、各自己宣誓書フォームの日本語仮訳は在イタリア日本国大使館のホームページに掲載しています。

4月1日首相令を受けて更新された部分の主要点は以下の通りです。更新部分の日本語仮訳を在イタリア日本国大使館のホームページに掲載しています。

・ある国から他の国へ向かう際にイタリアを経由する移動については、職業上、健康上、あるいは絶対的に緊急とされる理由があり、出来るだけ早く、途中での不必要な滞在をせずに自宅に帰るための移動のみ認められる。
イタリアに向かう飛行機/船舶に乗る際、必ずイタリア入国用宣誓書を記入し、イタリアとは異なる国にある自宅に向かうための移動であることをはっきりと示すこと。イタリア国内を移動中、検問を行う警察官に国内移動用宣誓書を提示し、同じ理由をはっきりと示す必要がある。

・空港から出ないという条件で、トランジットは認められている。いずれにせよ、他の全ての移動と同じく、最終目的地への移動は、職業上、健康上、又は絶対的な緊急の必要性によって常に正当化されなければならない。

【参考:イタリア外務省FAQs更新部分仮訳】
https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_20200401_FAQ.html

【イタリア外務省FAQs 原文】
イタリア語版:https://www.esteri.it/mae/it/ministero/normativao…
英語版:https://www.esteri.it/mae/en/ministero/normativaonli


みなさん、週末はいかが過ごされましたか?
イタリアは若干収束の兆しが見え始めているようですが、日本はしばらく外出自粛が続きそうですね。

アドマーニでは自宅にいる間もイタリアを感じられる、本場イタリアで修行されたシェフたちによるレシピ動画を公開しています。
簡単に作れるのに本格的なイタリア料理です。どうぞご覧ください!


またイタリア語プライベートレッスンは、対面だけでなくオンラインでも行っております。
自宅にいる時間が長くなっている今だからこそ、ぜひともご活用くださいませ!
日本語も話せるイタリア人講師が担当しますので、初心者の方やこれから語学を学びたいという方も、安心して受講できます。


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

アドマーニのイタリア語レッスン

PR