イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2020.03.20 NEWS コラム 【3/20更新】イタリア現地での新型コロナウイルスの対処方法

イタリア政府は19日、新型コロナウイルスにより死亡した人が3405人になったことを発表しました。この数字は同日、中国が発表した死亡者数3245人を上回り、現時点でイタリアは世界で最もコロナウイルスによる死者数が多い国となりました。原因はイタリアの高い高齢者率にもあると言われています。

また新たな感染者が5322人増加し、合計4万1035人となりました。
いまだに北部ロンバルディア州中心に感染者が急増しており、集中治療室で治療を受けている患者はイタリア全体で2500人近く、このうち北部ロンバルディア州に約1000人がいるといわれています。

イタリア政府が感染拡大を防ぐために、移動制限やレストランなどの営業を禁止を発令していましたが、コンテ首相は19日のインタビューで「これらの対策の延長は避けられない」と述べて、期間を延長する方針を明らかにしました。


イタリア現地での新型コロナウイルスの対処方法

外務省より、イタリア国内で新型コロナウイルスの症状、又はその疑いがでた場合の対処方法について記載があります。イタリア現地の方はご参照ください。
(出典:イタリア保健省HP

(1)病院の救急診療(pronto soccorso)や家庭医には向かわずに自宅に留まること。
(2)家庭医(お子さんの場合、かかりつけの小児科医)に電話をして、症状を説明し、医師の指示を仰ぐこと。


新型コロナウイルス感染が疑われる症状についての情報

(1)厚生労働省HP掲載(新型コロナウイルスに関するQ&Aより抜粋)

・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
・(上記に加え)高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方については、風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

(2)伊保健省HP

http://www.salute.gov.it/portale/nuovocoronavirus/dettaglioFaqNuovoCoronavirus.jsp?lingua=italiano&id=228#2

※家庭医の診療時間外の時間帯は,「継続的医療補助」又は「往診医」制度の利用が可能です(ただし,原則,家庭医制度に登録している住民のみが対象)。お住まいの州のHPで情報を得てください。

※一例:ロンバルディア州HP掲載の継続的医療補助サービス案内(イタリア語)
https://www.ats-milano.it/portale/Ats/Carta-dei-Servizi/Guida-ai-servizi/Continuit%C3%A0-Assistenziale

(3)家庭医制度に登録されていない方は州のフリーダイヤルへ

家庭医制度に登録されていない方は、お住まいの州特設のフリーダイヤル(詳細は下記参照)にお問い合わせください。

※呼吸困難等の症状が発症するなど、真に必要かつ緊急な場合のみ、112番又は118番に電話の上、救急車をお呼びください。ただし、現状では、112番又は118番は非常につながりにくくなっている模様です。

※イタリア保健省の案内によれば、保健省のフリーダイヤル1500及び各州特設のフリーダイヤル(下記参照)に電話して相談することも可能となっています。(3月16日現在、これらのフリーダイヤルでは、より一般的な相談事項を受け付けている模様です。)

①イタリア保健省フリーダイヤル:1500(24時間対応)
②各州フリーダイヤル(以下は北イタリア8州のみ列挙)
・ロンバルディア州: 800-89-45-45
・エミリア・ロマーニャ州: 800-033-033
・ピエモンテ州: 800-19-20-20(24時間対応)又は800-333-444(月~金、8時~20時)
・ヴェネト州: 800-462-340
・フリウリ・ベネツィア・ジュリア州: 800-500-300
・トレント自治県: 800-867-388
・ボルツァーノ自治県: 800-751-751
・ヴァッレ・ダオスタ州: 800-122-121

各州フリーダイヤルには、英語での会話が可能なオペレーターが配置されています。もし、イタリア語での会話が必要となる場合は、ご契約の海外旅行保険の通訳サービスの利用、又は当地にお住まいの医療通訳のご利用をお勧めします。


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

アドマーニのイタリア語レッスン

PR