イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)
イタリア留学アドマーニのコラム&ブログ《a domani Italia!》

2020.02.29 NEWS コラム 【2/29更新】イタリアでの新型コロナウイルス(SARS-CoV2)について

みなさん、こんにちは。
新型コロナウィルスの感染拡大にともなり、日本全体が自粛ムードになっておりますね・・・。
一刻も早い収束を願うばかりです。

今回は2020年2月29日現時点での、イタリアのコロナ事情をご報告します。
これからイタリア留学をお考えの方、どうぞご参考くださいませ。


イタリアでの新型コロナウィルス感染者数

約400名・死者は12名、治癒した者3名と報告されています。

【参照】外務省HP「イタリア北部3州に対する感染症危険情報の発出」 2020.2.27 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2020T037.html#ad-image-0
  • ロンバルディア州(州都ミラノ) 258名
  • ヴェネト州(州都ヴェネチア) 71名
  • エミリア=ロマーニャ州(州都ボローニャ) 47名
  • ピエモンテ州(州都トリノ) 3名
  • ラツィオ州(首都ローマ) 3名
  • シチリア州(州都パレルモ)3名
  • トスカーナ州(州都フィレンツェ)2名
  • リグーリア州(州都ジェノヴァ)11名
  • トレンティーノ=アルト・アディジェ州(州都トレント)1名
  • マルケ州(州都アンコーナ)1名 死亡,治癒した者を除く経過観察中385名,このうち在宅隔離221名,入院治療128名,集中治療室36名(感染者全員が隔離措置)

イタリア国内の措置

ロンバルディア州をはじめとする北イタリアのほとんどの州で外出禁止や学校休校、イベントや集会の中止・美術館閉館等の措置が発表されました。
スーパーの買い占め等で不安な方もいらっしゃることと存じますが、少しずつ国内での物資の流通は開始しているようです。
中には夜間の飲食店舗の営業禁止等の措置も実施されているようなので、各居住地にて各知自体・学校等の指示に従ってください。


学校の対応

Scuola Leonardo da Vinci Milano校2/23(日)~2/29(土)の1週間休講
※上記1週間分の授業は別日に補講を行う予定。

ミラノ校では3/2(月)から開講予定だが、ここ数日間の状況によってはオンライン授業を行う場合もあるとのことです。 学校がお休みの土日も問い合わせに対応するスタッフを配置しているようなので、ご不明点ございましたら学校へ直接お問い合わせください。
(Roma・Firenze・Siena校は現状通常通り開講)
Istituto Venezia2/23(日)~2/29(土)の1週間休講
※上記1週間分の授業は別日に補講を行う予定。
Bertrand Russell休校(詳細確認中)

マスクについて

2月中旬の段階では、まだマスクをしている人も少なく、つけていると悪目立ちしまう場合もありました。
しかし現在イタリアメディアが発表しているニュース記事をみると、マスクをしている観光客も増えているようです。
ただし日本のようにどこでも買えるわけではないので、薬局(farmacia)で聞くか、日本からもっていったほうがいいでしょう。


海外留学保険は適用される?

アドマーニがご紹介しているAIG海外留学保険に加入されている方は補償対象です。
持病等でなければ補償対象となります。
基本的には現地で発病した場合、速やかに保険会社への連絡と医師の診断を受けましょう。


予防策・正しい知識

(1) 手を頻繁に洗う
(2) 呼吸器感染症の疑いのある人との至近距離での接触を避ける
(3) 手で自身の目や鼻、口を触らない
(4) 咳・くしゃみをする際は、ハンカチや油を使って口や鼻をおさえる
(5) 医者の指示なしに、抗ウイルス薬や抗生剤を飲まない
(6) 塩素系またはエタノール系除菌グッズを使用する
(7) 自身に感染の疑いがあるとき、病気の人を看護するときはマスクを使用する
(8) 中国製品または、中国から受け取った梱包物は危険ではない
(9) 14日以内に中国から帰国し発熱があるなら、フリーダイヤル1500に連絡する
(10) ペットは新型コロナウィルスを拡散しない


新型コロナウィルスに関するイタリア当局問い合わせ先

全国共通

保健省全国共通 1500

各州特設フリーダイヤル

(出典:フリーダイヤルが特設されている各州のHPより。詳細は各州HPを参照してください。)

ロンバルディア州800-894-545 (感染症の症状が出た場合)
ヴェネト州800-462-340 (行動指針についての情報)
エミリア=ロマーニャ州800-033-033
ピエモンテ州800-192-020(保健関連情報) 800-333-444(保健以外)
フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州800-500-300
ボルツァーノ自治県800-751-751
トレント自治県800-867-3881
ヴァッレ・ダオスタ州800-122-121 (保健以外の情報)
トスカーナ州800-556-060
ウンブリア州800-636-363
マルケ州800-336-677
ラツィオ州800-118-800
シチリア州800-458-787

※なお、リグーリア州HPではフリーダイヤル設置の情報が確認できません(27日現在)。

在イタリア日本国大使館

在ミラノ日本国総領事館


以上です。
現状、上記の情報以外のことは何も出来ないというのが正直なところで大変心苦しいのですが、出来る限り、学校からの最新情報を集め、皆様へ早急にアドマーニのHP等でお伝えいたします。

万が一、イタリア国が日本人渡航拒否などの政令を下した場合には、早急に学校・大使館に連絡を取り、対応を確認致します。
皆様が少しでも不安を解消し、安心してご留学生活が送れるよう、最善を尽くします。


この記事を読んだ方にオススメの記事

コラム&ブログ アーカイブ

アドマーニのイタリア語レッスン

PR