イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースコラム&ブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341 毎日9:30~18:30営業中
(土曜定休)

「ごめんなさい!」
イタリア語で謝罪する10フレーズ

「ごめんなさい!」イタリア語で謝罪する10フレーズ

イタリア語でちゃんと謝りたい…!

何かやらかしてしまった!そんなときに相手に謝る事は大切ですね。
日本にも謝罪には様々な言い方があるように、イタリア語にも場面によって異なる言い回しが多くあります。
しっかり使い分けて、謝罪の気持ちを素直に伝えましょう!


①すみません

「Scusi.」
(スクーズィ)

②すみません(丁寧)

「Mi scusi.」
(ミ・スクーズィ)

③すみません、失礼(丁寧)

「Chiedo scusa.」
(キエド・スクーザ)

「すみません」の中では一番丁寧な言い方です。

④もし◯◯だったらすみません

「Scusi se ◯◯.」
(スクーゥジ・セ・◯◯)

例文
  • お邪魔してすみません。
    「Scusi se ti disturbo.」
    (スクーズィ・セ・ティ・ディストゥルボ)
  • お待たせしてすみません。
    「Mi scusi se l’ho fatta aspettare.」
    (ミ・スクーズィ・セ・ロ・ファッタ・アスペッターレ)

⑤すみません、わざとではないのです。

「Mi scusi, non l’ho fatto apposta.」
(ミ・スクーズィ・ノン・ロ・ファット・アッポスタ)

⑥ごめんなさい。/ 本当にごめんなさい。

「Mi dispiace. / Mi dispiace tanto.」
(ミ・ディスピアーチェ / ミ・ディスピアーチェ・タント)

謝りたいときのスタンダードな表現です。

⑦許してください。

「Mi perdoni.」
(ミ・ペルドーニ)

⑧ごめん許して。/ どうぞお許しください。

「Ti chiedo perdono. / Le chiedo perdono.」
(ティ・キエド・ペルドーノ / レ・キエド・ペルドーノ)

⑨大変申し訳ございません。

「Sono costernato.」
(ソノ・コステルナート)

大きな失敗に対してお詫びをするときの言葉です。

⑩お詫びの言葉もございません。

「Non ho parole per scusarmi.」
(ノノ・パローレ・ペル・スクーザルミ)

お詫びの言葉が見つからないほど、大変申し訳なく思うときに使います。

資料請求・お問合せ


最終更新日]2020/02/01