イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪ 会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ
【イタリア留学専門】アドマーニ|出発前から帰国後の就職まで全力サポートします!

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~18:30営業中

イタリア留学体験談

ヴェネツィアのIstituto Veneziaへ6週間ご留学された小林亜美さん(10代・女性)の留学体験談
投稿日]2019/04/08  

今回はヴェネツィアのIstituto Veneziaへ6週間ご留学された小林亜美さんの留学体験談をご紹介します!
海外での生活経験のあった小林さん。考え方や他の国とイタリアの共通点や違いも教えてくれました!
留学前に取り入れられること、たくさんのヒントがありますので、ぜひご参考にされてくださいね♪

***

Q. 留学前、どのくらいのイタリア語レベルで出発されましたか?

1年間ほど独学し、文法に関しては、verbi serviliを除いて、全ての単元に手をつけていました(マスターはしていませんが!)。


Q. なぜIstituto Veneziaを選んだのですか?

元々、留学先はVeneziaが良い!と希望していて、そこからイタリア人の友人複数に、Veneziaにある全ての語学学校のホームページを読んで貰い、全員が声を揃えてIstituto Veneziaが良い!と言っていたので、信じました。


Q. 実際にイタリア留学をしてみていかがでしたか?思っていたことと違ったことなどもお聞かせください。

渡伊前は、一年足らずの独学だったこともあり、会話力、リスニング力に対する不安は絶大で、留学先でイタリア人の話が聞き取れなかったらどうしよう…私のイタリア語が全く通じなかったらどうしよう…と、悪い意味でのドキドキの方が大きかったです。

しかし、イタリア人の暖かさは、言葉では表しきれないほどのものです。
「愛情」や「暖かさ」に溢れた日常、絶えない笑顔、そしていつも「幸せ」を探しながら生きていく彼らに支えられながら、不安なんてものは一瞬で消え去り、毎日がまるで夢の中にいるような、とにかく楽しかった6週間でした。

そしてVeneziaは特に、女の子が留学するとしても危なくない街であると言えます。
とにかく治安が良く、私はVeneziaの美しさに完全に恋に落ちました。街を歩いているだけなのに、そこにはいつも絵本の中の世界が広がっていました。

そして一番は、イタリア人についてです。
イタリアでは、give and takeの精神が存在しないように思いました。
とにかくgive! give!
人々に与え続け、暖かくおもてなし、決して見返りは求めず、いつも相手の為に率先して何でもして、満点の愛情で接し続け…皆で助け合う。
そんな彼らから学ぶことが多すぎました。
イタリア人の皆さんに対し、尊敬の気持ちしかありません。


Q. 学校の様子(日本人の数や1クラスの人数など)はどうでしたか?

廊下にいた際たまたま1人の日本人と会いましたが、それ以降日本人は私以外見かけませんでした。
生徒は週ごとに入れ替わるので、断定して言えませんが少ない時で6人、多い時で13人でした。


Q. 学校の雰囲気やアクテビティはいかがでしたか?特に印象に残ったアクテビティなどはありますか?

私はIstituto Veneziaは満点、いや満点すら超える学校だったと思います!

先生方には圧倒されました。先生方の手にかかれば、教室中が笑顔とイタリア語へのやる気で溢れ、好きな言語を最大限に楽みながら学習できる最高の雰囲気がそこにはあったと思います。
楽しいだけではなくて、授業の質もとにかく高かったです。
生徒がひとり残らず全員、授業内容を見落としなく理解するまで先生は説明してくれます。
先生は、少し生徒が首を傾げたり、顔をしかめていても決して見逃しませんでした。全員が全て理解するまで追求します。先生方のその才能は圧巻です。

有難いことに放課後は、よくホストマザーや友達が買い物や食事に誘ってくれた為、アクテビティーに参加する機会がなかったのですが…イタリア語を上達させる環境としても、言うことなしの素晴らしい学校でした。


Q. 滞在先はいかがでしたか?

シングルのホストマザーが1人で、そこに彼女の友人がいつも集まっていました。
彼女ひとりだったということもあり、私達は、すでに親子のような、はたまた姉妹のような、そんな関係になりました。
「受け入れ側と生徒」という壁は、私たちの間では存在せず、いつも一緒に笑い、真剣な話も沢山して、私の思いや、どんな話も、いつも誰よりも親身になって聞いて下さいました。

イタリア料理の調理法、Veneziaの歴史、イタリアについて、彼女はいつも私の側に寄り添って、全て教えて下って…そして私が滞在していた2月は、ちょうどVeneziaで一番有名な伝統でもあるカーニバルが行われていた期間だったのですが、衣装も貸して頂いて、一緒に仮装してカーニバルに参加したりと(写真はカーニバルにて)、本当に一生忘れることのできない思い出を作ることができました。

最後に彼女が下さった手紙の一文に、「滞在期間が6週間なんて信じられない!私達は、ずっと前からの大親友、姉妹、そんな存在ね」と書いてあり、彼女の元に滞在させて頂けた私は本当に幸せ者だと心から思います。

Q. トータルでかかった費用をお聞かせください。

6週間のイタリア語コース=¥142,722 (€1080)
6週間の滞在費(ホームステイ2食付き)=¥249,764 (€1890)
空港送迎費(片道)=¥9,251(€70)
銀行手数料=¥9,000
申込金=¥30,000
で合計¥379,736でした。


Q. 帰国後のご予定は?

大学の関係もあり、休暇期間を使った短期の留学となってしまいましたが、それでも、この6週間がわたしの人生を変えてくれたのです。
私はイタリア人と出会い、人生観が180度変わりました。夢を諦めないことの大切さも教えて頂きました。
そんな今では、私の夢は「イタリアに在住すること」となりました。
そして、ようやく本場でイタリア語を学ぶことができ、イタリア語への愛も更に深まった今、以前に増して、イタリア語への学習に力を入れることができています。


Q. アドマーニを利用していかがでしたか?

イタリアへの留学も初めてで、学校との手続き、ホストファミリーに関すること、何もかもが不安でした。
そんな時、アドマーニさんはいつも丁寧なご説明、ご対応、そして100点のサポートをしてくれました。
分からないことだらけで、質問も沢山してしまったのですが、毎度本当にご親切に教えてくださって、アドマーニさんのおかげでここまで来れました。
イタリア留学をお考えの皆さん、アドマーニさんは一番の味方です!

***

とても温かいお言葉を頂きまして、ありがとうございます。
ヴェネツィアでのカルネヴァーレ体験など、イタリア人でもなかなかない貴重な経験が出来たこと、本当に素敵です。
小林さんの明るいご性格と行動力でイタリアでも出会う人と素敵な関係を築き、素晴らしい経験やかけがえのない時をすごされたこと、スタッフ一同大変うれしく思っております。
どうかまたイタリアへ行かれる際にはまたお話をお聞かせください!ありがとうございました!

小林さんが留学した学校

お問合せ/資料請求はこちら

同じ学校の体験談

NEWS&BLOGアーカイブ

PR