イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~21:00営業中

Blog

フィレンツェで工房レッスン2
2014.03.17

Ciao a tutti!

マレーシアの航空機がどこに行ってしまったんでしょう。

私は皆どこかで生きていると信じております。しかしミステリオーゾですね。

 

なんて話を書きたいのではなく、

 

先日こちらのブログで書いたフィレンツェの工房レポート。

 

今回はご紹介しきれていない工房訪問レポートについて引き続き書きたいと思います~。

 

そもそもフィレンツェの工房ゾーンって、ご存知でしょうか?

 

フィレンツェにどこにでもあるかというと、正直そうでもないんです。

どうしても観光ゾーンを歩きがちで、その脇道に入って探してみよう~と思って探しても、あれ、見つからない、なんていう方も多いはず。というか私の初イタリア旅行がまさにそうでした。工房あるっていうけどないやーん!って必死になって探した記憶があります。皆さんはすぐに見つけました?

 

ズバリ、工房ゾーンはアルノ川の南のエリアなのです。

fiume 

くねくねと細い道を入っていくと、小さな入り口にひっそりと様々な工房がたたずんでいます。歩いていると、あ、ここも工房だ!ここも!といういうくらい、工房がたくさん存在しています。あまり目立たず、しかも一見分かりづらいのですが、

よく見ると職人さんがせこせこ家具を修復していたり、絵画を修復していたり、ガラス製品を作っていたりと、このあたりの散歩は非常にわくわくしてしまいます。

IMG_1174①

あぁ、まさにこれがフィレンツェと改めて感じさせてくれる、そんなフィレンツェの工房聖域。(勝手に聖域化)

 

私が訪れた工房の中で、本気で通おうと考え込んでしまった工房をご紹介。

 

ランプ工房です。

 IMG_1196

イタリア伝統のこのランプ。フィレンツェにもいたる所にこのようなランプを見かけることができます。シンプルですが、まさにイタリアンデザイン。ひとつひとつ手作りで、工房のマエストロは「10年雨ざらしになっても全く痛まないんだ」と仰っていました。手作りのなす技ですね。そしてもちろん素材も良いのだと思います。

 IMG_1191IMG_1206

日本人の生徒さんが以前、ここで修行をした後に、自分で工房を開かれた方がいらっしゃるとのこと。その方の作品がこちら。

 IMG_1205

アートの世界ですね。

IMG_1200 

この工房はまず、マエストロが優しすぎる!そしてこの暖かみのあるランプが素敵すぎる!あの、一個おいくらでしょうと、思わず購入しそうになりました(笑)

プーリアの自宅の庭にこれを飾るという妄想でいっぱいになってしまいました。だって素敵なんですもの。

IMG_1207 

2週間で小さめのサイズのランプ制作が可能とのこと。お持ち帰りはもちろんOKです。こんなイタリアの伝統的なランプ工芸をこんな素敵なマエストロに教えてもらうことができます。私も自分で作りたいっ。

 

そして次にご紹介するのは、革のカバン工房。

 

もうあれですわ、完全にノックアウトされた工房がこちらです。

IMG_1252IMG_1251IMG_1255

もう女子なら皆ノックアウトでしょう。るるぶという雑誌にも乗っている工房らしいのですが、母と娘でやっている工房兼お店。

 

見ました?

 

素敵じゃないですか?

 

どんなカバンでも作ってくれる工房なのです。

自分でこんなカバンを作りたい!という希望を言えば、一緒に一から制作をしてくれます。カバンの中身は実はフィレンツェのメディチ家の文様が入った美しい生地を使って作られているのです。本当に手作りと伝統を感じられるカバンを作ります。

 

そして娘さんは実はビーズ制作も行っており、このような

IMG_1254 

素敵なアクセサリーも制作していますので、ビーズと革のコラボ作品も得意な工房です。またこの親子、本当に本当に温かくて優しい!何度胸キュンしたことか…

IMG_1256

ゆっくりとイタリア語も話してくれますし、とにかく熱心に教えてくれる素敵な親子マエストロ。イタリア人のオスピタリティ精神を感じさせてもらえる、そんな場所でありました。

 

そして、ひとつ非常に残念なお知らせ。

 

私がこの親子マエストロの写真を取り忘れていること… 

 

 

皆様に平謝りです!どうか私のつたない文章でこの親子像が想像できますようにっ!

 

 

この工房に訪れた際、実は日本人の生徒さんが工房レッスンを受けていました。

インタビューをさせて頂きましたので、インタビューは次回に致しますね。

ひっぱりますよー(笑)

 

さて、今回の工房探訪(建物探訪みたい)、一番強く感じたことは、それぞれのマエストロ達の制作にかける熱い思いです。イタリアの伝統工芸に強い誇りを持ちながらマエストロ達は日々何百年も変わらない手作業の伝統工芸、制作を行っています。大きな歴史を感じると共に、深い敬意を感じました。

そしてマエストロ達が口をそろえて言うことは

 

「日本人は本当に繊細な仕事ができる上、まじめにこつこつと仕事をこなすとができる。本当に素晴らしい」

 

と褒めてくださりました。とても嬉しいことですよね。

 

工房のレッスンですが、イタリア語が話せない方も受け入れが可能です。

びっくりしちゃったのですが、気持ちで通じ合えるんだそうです(笑)

でも分からないことはイラストで書いてくれたり、簡単な言葉や英語を使って指導をしてくれるそうなので、あまり言葉は心配しなくても大丈夫なようですよ。

ただイタリア語レッスンを受けながら工房レッスンを行えば、学んだイタリア語を活用できるので、イタリア語にも磨きがかかること間違いありません。

 

今回取材をした工房以外に、本当に様々な種類の工房でレッスンを受けることが可能です。ご興味がある方は遠慮なくいつでもお問い合わせくださいね。

こちらのページに関して質問/コメントはこちら!

コメント

  • tamami ( 2015/06/04 11:20 AM )

    修復で検索していて、辿り着きました。
    もともとフランスの古い家具が大好きでフランスで工房を探していたのですが、なかなか見つからず、イタリアで探したら多くヒットしました。さすがイタリアですね。

    修復でも家具の修復に興味があるのですが、短期でも体験することは可能でしょうか?どんなコースがあるのかも知りたいです。

  • a domani's staff ( 2015/06/04 4:34 PM )

    はじめまして。コメントをありがとうございます。
    実は全く私と同じような境遇でしたので驚きました。私自身、絵画修復の工房をフランスで探していたのですが、なかなか見つからず、結局イタリアが本場であることが分かり、
    イタリア留学をした経緯がございます。
    家具修復も同様、実はイタリアが本場です。フィレンツェのみならず、イタリア中どこでも家具修復工房がたくさんございます。
    家具修復の工房体験はもちろん可能です。イタリア語が不安でしたら、通訳もつけることができます。1週間〜体験できますので、もしよろしければ一度お問い合わせフォームより
    問合せをして頂ければすぐにご案内させて頂きます。ご連絡をお待ちしております。アドマーニ 宮崎


NEWS&BLOGアーカイブ

Instagram

  • hellip
    3時間 ago by adomaniitalia イノシシとカカオのパッパルデッレ❗意外な組み合せ、美味しーっ!❤❤ #今日のパスタ#ルッカ料理学院メニュー紹介#イタリア留学
  • hellip
    1日 ago by adomaniitalia フルーツたっぷりクロスタータ❤. #ルッカ料理学院メニュー紹介 #イタリア留学
  •  hellip
    2日 ago by adomaniitalia 今日のピッツァ✨ ルッコラたっぷりですっ #今日のピッツァ#イタリア
  • hellip
    3日 ago by adomaniitalia 教会のイルミネーション、何回見ても可愛いっ❤️ #フィレンツェ#クリスマス#イタリア
  • hellip
    4日 ago by adomaniitalia メルカートの中もクリスマス一色です✨ #トリノ#イタリア留学#メルカート #natale 

PR

Top