イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

郵便事情

郵送方法などについて

イタリアに長期滞在するとなると、洋服やら食べ物やら生活に必要なたくさんのものを持っていく必要があると思います。
ですが持っていけるものはスーツケース1個、ないしは2個と限られてしまっています。もっと持っていきたいものがたくさんあるのにーと、悔しい思いをすることになってくるのではないかと思います。
そんな時は必要なものをイタリアに送ってしまいましょう。

送るタイミングとしては、出発の直前がよいかと思います。
ただ、ホームステイ先や滞在先アパートに直接送ると、自分が不在のときに配達のお兄さんが届けにきてしまったら、結局受け取れずに郵便局まで取りにいかないといけないので、基本は学校や必ず人が居るところに送る方法が良いと思います。ただ、学校が郵送物を責任もって受け取れないと言うところもありますので、事前に確認も必要です。

確認して郵送が可能であれば、早速送る手配をしましょう!

日本からイタリアへの郵送方法

EMSが圧倒的に良いかと思います。
http://www.post.japanpost.jp/int/ems/ryugaku/index.html

現在、日本郵便のサイトにはこんなに素敵なページがあります!
海外留学生向きに、非常に分かりやすく説明されています。
金額を少しでも少なく!と、SAL便や船便で送りたくなる気持ちも分かるのですが、イタリアへの郵送は色々な困難があります(笑)。そのためにお勧めなのは、EMSでしょう。
荷物追跡機能もついていますし、損害賠償制度もつけられます。
荷物を郵送すると、だいたいミラノのマルペンサで関税チェックを受けます。現在イタリアは関税審査が非常に厳しいです。
どんなにがっちがちの梱包をしても、だいたい開けられてチェックされてしまいます。コツとしては、梱包は頑丈すぎず、きれいな梱包は避ける(プレゼントなど新品を思われないように)ことをお勧めします。
また、郵送の際に伝票に郵送物を書かないといけません。この書き方もちょっとしたコツがあります。

1 まずは国際郵便の伝票の書き方→参考:http://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/
2 宛名や送り先を間違えないように書く
3 内容物を記載する際、嘘はあまり書かないように。必ず「Personal use」と書いて、新品や売買目的ではないことを強調して書きます。
4 内容物の記入は、Used 〜 と使っているものと強調して書きます。
5 金額は0円と書かないように。古着やスナック系でも1円など記載した方がよいです。0円はさすがに嘘くささが出てしまうので、この方がよいと思われます。

こんな感じで送ってみましょう。でも絶対に高価なものだけは入れないようお願いします。
現在悲しいことに、紛失する被害も多く出ているのが現状です。
ちょっと高価なものは自分の手で持っていくようお願いしますね。

▲上へ戻る  ▼トップページへ戻る

いつでも留学相談受付中♪

電話やメールでイタリア留学相談!

お得なキャンペーン♪

アドマーニのイタリア語学レッスン

いつでもご相談お待ちしています!

あなたの、イタリア留学。 adomaniなら、イタリア留学相談無料
提携校は留学の手続き代行も無料

03-6261-2341

※来客対応等によりお電話に出られない場合がありますが、着信には必ず折り返しますので、予めご了承下さい


メール:ciao★adomani-italia.com(★→@)
毎日9:30~21:00営業中

電話、メールの他に、オンラインカウンセリングもできますので、 遠方の方や、日々忙しい方もお気軽にご相談ください! →メールフォーム

なんでも質問箱!

イタリア留学に関して、お気軽にご相談ください♪
3営業日以内にお返事します。


Catpcha認証(以下のコードを入力してください):
captcha

a domani!オリジナルコース♪


【イベント告知】是非ご参加ください!


Top