イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~21:00営業中

Blog

私の留学体験記(ビザ申請編)
2014.05.13

Buona sera a tutti!

 

そういえば、私が過去にイタリア留学をした際に、こうしてブログを書いていたんだっけと思い出したので、過去のブログをもう一度読んでみたんです。

 

もうすっごく笑ってしまいました。

自分がいかにビビリで小心者なのかを思い知ることになりつつも、非常にリアルな留学体験記だったので、ここで一部ご紹介。予想以上に面白かったので、特集にして今後もこちらで回想録として発表しようか検討中(笑)

 

そして下記、ビザ申請の際の私のリアル体験記です。。

********************************

「申請にいってきました」

 

昨日大使館へ遂にビザ申請へ行ってきました!

1番乗りで朝申請をしようと早く行ってみたが、なんと

迷った。。

道に迷うなんてあまりないけど、三田は意外と何もなくて複雑だったのです。

・・・これは縁がないってことか?

とネガティブになったところでようやく到着。歩き回ったせいか既にえらく疲れていた。

疲れたところで緊張。大使館の門のインターフォンを押してみる。

「はい」  「あ、ビザの申請に来たんですけど・・・」  「どーぞー」

って言われて鍵が開いたのかと思いきや  開かない・・・

ガチャガチャやってると、インターフォンから「あれ、開かない?」と聞かれ「はい・・・」とガチャガチャしても開かない。何回か開けてもらってもあかず、「終わった・・・」と思ってたら

ガチャリ

と開いた。ドアノブ上にしたら開いた。

最初からそう案内してくれたらいいのに・・・(泣)

ようやくドアが開き、未知なる世界、大使館の中へ入ってみる。

すると警備員らしき方がガラスの奥にいらっしゃる。

たぶんイタリア人。だってイタリア大使館ですものね。

英語でパスポートを出してと言われた。

パスポートを小窓に出して警備員に渡すと、パスポートを1ページ1ページと目を通している。

入国時にもこんなにパスポート見られることもないのに・・・

3分くらいしてようやくパスポート返された。

小心者のあたしは既にビビッている。プルプル。

進んでと言われて金属探知機の中に通され。予想通り ビー って鳴る(爆)

おもむろに警備員にハサミを見せられ、ナイフやハサミを持ってますか?と英語で聞かれた。

んなもんもってませんよー的なオーバーアクションで「ないない」と手をぶんぶん顔の前で振った。

警備員にはにかまれ、なぜかあたしも苦笑い。ようやくビザ申請の部屋にと通された。

中には5人くらい申請に来ていた。

大使館の方2名がガラス張りの小窓の向こうで申請受付をしている。

番号札をもらって緊張しながら、揃えて来た用紙を改めて整理していると、窓口で申請している人が「オリジナルのものでないと受け付けられません」と返されていた。

こうなったらやだなーと思いながら、ふと隣を見ると

見たことある顔。

そう、友人のコックさん!!!!

お互い「おーーー!!!」「なんでここにいるの?」と。

このコックさんはずっとフィレンツェに居たが、今回一時帰国をして修行先のレストランが発行してれた就労ビザの申請に来たとのこと。よくフィレンツェでお世話になった方だったので、こんなところで会えるなんて!と嬉しさがこみ上げる★

そんな興奮しきっていたところで、私の番号が呼ばれた。

あせあせしながら用紙を突き出すと、色々チェックをし始めた。

申請用紙の何箇所か鉛筆でチェックされ、この部分を書き直してくださいといわれた。

ボールペン持ってますか?と聞かれ「いや、、、ないです・・・」と答えると、

投げつけるようにボールペンが飛んできた。いや、飛ばされた。

ありがとうございます・・・と、チェックされたところを直す。

提出すると、仕事のところで大使館の方が目を留めた。

「仕事はやめるんでしょ?その旨書いて」と言われた。

「いや、帰国しても続けます」と言うと、

「じゃいつまで仕事するか書いて」と言われる。

全部英語で書いていたし、「えっと、どうやって書けばいいですか?}と言ってみると

「はぁ、めんどくさいね。フィーノアって書いて。」と言われる。

フィーノアはイタリア語でfino a (~までという意味)

これ英語じゃないけど、統一しなくていいんだーと思いながら書いたけど・・・

「めんどくさいな」って・・・

すんません・・・って感じだけどさー。ひどい(涙)と思いながら書いて提出。

黄色い札を渡され、まだ出発の日があるから、結構先にできるようになると思いますと言われる。

これって受理してくれたってこと??わーい♪

ホッと肩をなでおろし、友人のコックさんに挨拶をして大使館を後にしました。

ここまで長かったし緊張したー。

貴重な体験ができました★

********************************

こんな私のリアルビザ申請体験(笑)

 

自分がどれだけ小心者なのか、改めて感じさせられました。あれからイタリア留学を経て、小心者も少しは克服したかなーなんて思ってみたり。

 

そしてこの大使館の方の冷酷さ。私ボールペン投げられてますしね(笑)

 

次はビザ取得編!

 

A prestissimo!

こちらのページに関して質問/コメントはこちら!


NEWS&BLOGアーカイブ

お得なキャンペーン♪

PR

Top