イタリア留学ならa domani(アドマーニ)。何でもお気軽にご相談ください♪

会社概要 ニュースブログ 法人研修 アクセス お問合せ サイトマップ

イタリアの魅力にとりつかれてしまった経験豊富なスタッフが、あなたのイタリア留学を応援します。

03-6261-2341
毎日9:30~21:00営業中

Blog

イタリアで日本食をふるまってみる
2014.05.06

Ciao!

 

気がつけばもう5月になっているではないですか!

 

驚きの時間のスピード。私だけでしょうか?

年を重ねるごとに時間のスピードについていけません〜。

 

みなさま、GWはどのように過ごされましたか?

雨が降ったりもしましたが、行楽日和が続きましたよね。お出かけされた方もおおいのではないかと思います。

 

 

プーリアではそろそろ海に行き始める方も出てきます(はやっ)

海を待ちきれないプーリア人…私も待ちきれません!早くこのプーリアの海で泳ぎたいです。

DSCN0951

 

今回のテーマ。それは「イタリアで日本食をふるまう」です。

 

イタリアに留学をすると、必ずやぶつかるこの「寿司作ってー」のイタリア人リクエスト。

 

イタリア人にとって、日本=寿司

みたいになっているところが、なんとなく私の中で納得いかないんですわ。

Ah, sei giapponese? Mi piace Sushi! (あ、キミ日本人なんだ。僕は寿司が好きさ♥)

そんな突然の寿司好きアピール(笑)

私=寿司ではありません。

 

日本人でも

イタリア?イタリアといえばピザ?美味しいよね〜

 

という方もいらっしゃいますよね。

 

なんて、どうしても国に対するイメージを食のイメージに当てはめてしまいがちなのはわかるのですが。

 

でもですね、私は「寿司以外にも日本食ってすごいんだからっ!」って言ってやりたくなるんですよ。

 

イタリアにも多くの日本食レストランができていますが、ミラノなどの大都市を除くと、どれこもこれの中国人経営の、「こ、これ、日本食っすか?」と首をかしげたくなるような料理ばかりが出されてしまっている現実…

 

そしてもちろんそれを食べるイタリア人が「Umm…che buono sushi!」

 

なんて言われてしまうと、日本人としてのプライドが揺さぶられというか、

「本当の和食を見せたるっ!」とついつい頑張りたくなってしまうのです。

 

そんなこんなでイタリアで行った日本食パーティーは数知れず….

 

日本人は私に限らず、本当に大概の留学生のみなさんは、イタリア人にこうして日本食をふるまっていると思います。

 

留学生は巻き寿司の作り方がやたらうまくなって帰国したりします(笑)

 

友人を呼んだ、とある日本食の夕食。こんな感じだったりします。

DSCF4783

 

そしてやっぱり寿司を作っている(笑)

 

みんな食べたがるんですもの〜。

 

お好み焼きも食べやすいように、こんなミニサイズに仕上げています。

DSCN0732

 

なんと焼き鳥をふるまったことも。(この写真はつくねを焼いてます)

DSCF5246

 

イタリアで焼き鳥屋開けそう(笑)

 

基本的にイタリア人が好きそうな味付けのものチョイスしておりますが、

人気ナンバーワンは寿司にも劣らず、からあげかなと思っています。

 

私が今まで作って喜ばれたもの

からあげ(たっぷりとにんにく醤油ダレに漬け込みます〜)

カレー(若者は大好きです)

巻き寿司(てっぱん!)

手まり寿司(かわいいですからね)

握り寿司(玉子が意外に人気)

押し寿司(鯖を酢でしめて鯖の押し寿司がすごく喜ばれました)

お好み焼き(甘いソース、意外と皆好きです)

たことわかめときゅうりの酢の物(これ一番意外。あっという間になくなります)

焼き鳥(鳥肉だし、甘いタレが好きですからね)

ポテトサラダ(これ本当にみんな好きです)

 

逆にイタリア人に不評だったもの

茶碗蒸し(だしの味が効きすぎると、魚臭いと言われてしまうようです)

肉じゃが(意外に反応悪かったです。微妙に甘い味付けがいけないのでしょうか。というか私が下手なだけ?!)

煮物(肉じゃが同様。寿司と同じくらい日本っぽいのに〜)

いなり寿司(甘いあげがダメな人が多いみたいです)

うどんやそば(好き嫌いがはっきり分かれます)

味噌汁(味噌も非常に好き嫌いが分かれます)

 

代表的なのはこんな感じでしょうか(アドマーニ調べ)

たぶんなのですが、ダシの味に慣れていないイタリア人は、最初にダシの味が強いと「なんだこれっ」という感覚になってしまい、受け付けない方も出てきます。ダシ勝負で行きたいところですが、イタリア人にはなかなか受け入れるのは難しいようです。どうなんでしょう。南イタリアだけ?

 

是非みなさんもこちらを参考に(参考になればですが…)イタリア留学中に

イタリア人に日本食をふるまってみてください!そしてこれが日本食でっせと

日本食を是非広めてくださいね♪

こちらのページに関して質問/コメントはこちら!


NEWS&BLOGアーカイブ

お得なキャンペーン♪

PR

Top